母親暴行死疑い、弁護士逮捕 全身に打撲痕、大阪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府東大阪市の自宅で同居の母親を頭突きするなどして死亡させたとして、大阪府警は10日、傷害致死の疑いで長男の弁護士高田豊暢容疑者(58)を逮捕した。府警によると、亡くなったのは母親悦子さん(94)で、全身には複数の打撲痕があった。 逮捕容疑は5月12日ごろ~20日午前2時55分ごろ、東大阪市内の自宅で悦子さんの頭に頭突きをしたほか、頭や顔を殴るなどして死亡させた疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。