タクシー運転手の自警団 「違法」なウーバーを摘発、市民からは反発も 香港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港(CNN) その人物は普通の乗客と同じように配車アプリ「Uber(ウーバー)」で予約し、車の後部座席に乗り込む。ただ、道のりも半ばを過ぎると、雰囲気が変わり身分を明かす。 乗客は運転手に「車を止めなさい。あなたに言っている。ウーバーを運転していると問題になる」と告げる。これは香港で最近撮影され、オンラインで拡散された動画の一こまだ。 乗客は交通警官ではない。香港当局が配車サービスを規制していないことに不満を募らせ、直接行動を起こしている自警団のタクシー運転手だ。 車が止まった後、乗客は警察を呼び、運転手を引き渡す。 おとり捜査をするタクシー運転手のひとりは「これを挑発的だと言う人もいるかもしれない。しかしこうした動画がなければ、人々は私たちが『白ナンバーの車』の台数を誇張していると思うかもしれない」と語った。 「白ナンバーの車」はタクシー運転手がウーバーを指す言葉だ。「私たちはただ政府に法律を執行してもらいたいだけだ」 ウーバーは2014年、香港に進出。厳密にいえば依然として違法だが、テクノロジーが進んでいることを訴求したい当局のあいまいなアプローチの下で繁栄してきた。 タクシー運転手は長年、ウーバーが現地の法律を無視し、市場をひっくり返し、ただでさえ少ない自分たちの収入を削り取っていると不満を訴えてきた。 しかし、最近の自警行為は裏目に出ているようだ。 タクシー運転手たちは世間の支持を集めるどころか、反発の的となった。乗客はSNSで、タクシー運転手の態度の悪さや乗車拒否、大雨や台風の際の便乗値上げなど、不快な体験を共有した。 違法行為をするタクシー運転手を警察に通報して報復した人たちもいる。立ち入り禁止区域に駐車するタクシーの写真とともに通報を呼びかける投稿がインターネットにあふれた。ある運転手は、ウーバーの運転手が立ち上げたメッセージアプリ「ワッツアップ」のグループでも報復の仕方が話し合われていると語った。 状況は非常に緊迫している。香港政府トップの李家超(ジョン・リー)行政長官は先ごろ、記者から騒動について尋ねられると、「世間の激しい議論」を認め、冷静になるよう訴えた。一方で、タクシー運転手には自警行為を行わないよう求めた。 ウーバーを好む人たちは、これまで長い間我慢してきた劣悪なサービスに代わるものとしてウーバーを捉えている。乗車体験が改善されるなら料金が少し高くなることもいとわない。 香港交通当局の幹部は、一部の粗暴なタクシー運転手に対する苦情を認め、警察が追及することを支持すると述べた。 同幹部は「こうしたタクシー運転手は厳罰を受けるべきだ。だが、適切な免許なしで運転する(ウーバー)車両の問題が軽減されるわけではない」と語った。 香港警察によると、これまでのところ、タクシー運転手によるおとり捜査で捕まったウーバー運転手が逮捕された例はないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。