密会ばれ「罰金が必要」 80代男性から160万円詐取容疑 横浜の元風俗店従業員の52歳女を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴見署は10日、詐欺の疑いで、横浜市鶴見区諏訪坂、無職の女(52)を逮捕した。 逮捕容疑は、2022年3月15日ごろ、風俗店従業員として勤務していた際に知り合った横浜市港南区の80代無職男性に「店を通さないで会っていることがばれた」「罰金が必要」などとうそを言い、同19日、男性から現金160万円をだまし取った、としている。 署によると、女は「お金を受け取ったことは間違いないが、だましたわけではない」と供述、容疑を否認している。 女は21年4~9月にかけて風俗店で勤務。女は同年7月下旬ごろ~22年3月中旬ごろまでの間に「ペットの手術代」「引っ越し費用」「離婚費用」などとして男性から計約2千万円を受け取り、偽名の借用書を男性に渡していたといい、署は詐欺容疑も視野に捜査している。 男性が同11月に港南署へ相談に訪れたことで発覚した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。