前刑事部長を「陥れる意図ない」 逮捕の前生安部長がコメント 鹿児島県警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島県警の内部文書を外部に漏えいしたとして前生活安全部長、本田尚志容疑者(60)が逮捕された事件で、本田容疑者は10日、盗撮事件の隠蔽(いんぺい)を指示したのは前刑事部長だと文書に記載した理由について、「陥れようという意図はない」「前刑事部長には申し訳ない」などとするコメントを弁護人を通じて出した。 コメントでは「本部長の隠蔽を知っているのはごく少数のため、記者が直接取材すると書面を送ったのが自分だと分かってしまうかもしれない」と考え、前刑事部長の名前を使ったと説明。指示したのは野川明輝本部長だと改めて主張した。 名前を前刑事部長にしたことに深い意味はなく、「本部長でなければ誰でもよかった」とした。記者に文書を送付した理由について、「(本部長に)進言しても聞いてはもらえないだろうと諦めていた」「自分の家族や将来のことも考え、実名で公表することはできなかった」と釈明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。