「大量の覚醒剤」営利目的で所持か イラン国籍の男を逮捕 SNSなどを通じて販売か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大量の覚醒剤を営利目的で所持していた疑いなどで、イラン国籍の男が逮捕されました。 近畿厚生局麻薬取締部によると、覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、イラン国籍の自称プロビリヤード選手、エブラヒミ・キアヌシュ容疑者(26)です。 エブラヒミ容疑者は、先月、大阪市北区の自宅で、覚せい剤約146グラムを、営利目的で所持した疑いなどが持たれています。 自宅からは、覚醒剤約168グラム、コカイン約113グラムなど、合わせて末端価格1390万円相当が押収されていて、SNSなどを通じて販売していたということです。 エブラヒミ容疑者の認否は明らかになっていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。