富里市の工事現場などに侵入し窃盗 容疑の男性ら不起訴処分に 千葉県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県富里市の工事現場などに侵入し、電気工具などあわせて約1700万円相当を盗んだとして、逮捕・送検された20代の男性2人について、千葉地検は7日不起訴処分としました。 この事件は2022年1月から2023年11月までの間に共犯者1人と共謀の上、富里市の工事現場などに侵入して電気工具などあわせて498点、約1696万円相当を盗んだとして20代の男性2人が逮捕・送検されたものです。 千葉地検は7日、この男性2人を不起訴処分としました。 不起訴の理由については明らかにしていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。