住宅で“生まれたばかり”女の赤ちゃん遺体 22歳の女を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日、千葉県市川市の住宅で生まれたばかりとみられる女の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察は22歳の女を逮捕しました。 警察によりますと、無職の岡田萌花容疑者は、市川市曽谷の住宅に生まれて間もない女の赤ちゃんの死体を遺棄した疑いがもたれています。 遺体は、岡田容疑者の母親が8日昼前にクローゼット内のスーツケースの中で見つけたもので、目立った外傷はないということです。 岡田容疑者は、先週はじめに外出したまま行方が分からなくなっていましたが、東京に向かう新幹線の中で確保されたということです。愛知県の知人男性の家にいたとみられています。 警察の調べに対し、岡田容疑者は容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。