逮捕の鹿児島県警元幹部、情報の送り先は「ウェブメディアでも記事を書いている月刊誌の記者」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島県警の前の生活安全部長の男が捜査情報を漏らした疑いで逮捕・送検された事件の続報です。前の生安部長が弁護士を通じて、きょう新たなコメントを発表しました。 鹿児島県警の前の生活安全部長だった元警視正・本田尚志容疑者(60)は、現職当時に入手した情報を漏えいしたとして逮捕・送検されています。 本田容疑者は勾留理由の開示を求める法廷の中で、「野川明輝県警本部長が、現職警察官の盗撮事案について隠蔽しようとしたため、記者に情報を送った」と発言しました。 これに対し県警の野川本部長は、「隠蔽の意図は一切ない」と否定しています。 本田容疑者はきょうのコメントで、情報の送り先は「ウェブメディアでも記事を書いている月刊誌の記者」と明らかにしたうえで、情報の問い合わせ先として本部長ではなく前の刑事部長の住所や電話番号を記載したことを認めました。 理由について、本部長の隠蔽を知っているのが自分を含めごく少数だったため、自分だと分からないようにするためだったなどと主張としています。 さらに隠蔽を指示したのが、前の刑事部長としたことについては「ウェブメディアで前の刑事部長を批判する記事が何度も掲載されており、その中には誤りもあったため、情報を受け取った記者が前の刑事部長を直接取材すれば、弁明の機会になると思ったとなどとしています。 一方、関係者によりますと、県警は本田容疑者が前の刑事部長に何らかの不満を持っていたとみて、調べを進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。