飲食店のトイレに小型カメラを設置 性的姿態撮影の疑いで岩手県の男(48)を逮捕【香川・高松市】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年4月、香川県高松市内の飲食店のトイレに小型カメラを設置し、利用者を撮影した疑いで岩手県の男が再逮捕されました。 性的姿態撮影処罰法違反の容疑できょう(10日)逮捕されたのは、岩手県一関市萩荘の無職の男(48)です。警察によりますと男は今年4月18日午前1時頃、高松市内の飲食店のトイレ内に小型カメラを設置し、トイレを利用した香川県内に住む30代の女性を撮影した疑いが持たれています。 男は先月(5月)20日にも、高松市内の飲食店のトイレに設置した小型カメラで、女性2人を撮影した疑いで5月21日に逮捕されています。 警察の調べに対し男はいずれも容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。