男児(2)の首を切りつけ殺害しようとした疑いで逮捕された保育士の女 クラス受け持ち以降、複数の園児がけが 園は原因究明の方針 鹿児島市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島市の認定こども園で、男の子の首を切りつけたとして保育士の女が逮捕された事件で、女がクラスを受け持って以降、複数の園児がけがをしていたことが分かりました。 この事件は、鹿児島市の認定こども園で今月7日、2歳の男の子の首を刃物のようなもので切りつけたとして、保育士の笹山なつき容疑者(21)が逮捕・送検されたものです。 男の子は首に全治1か月の切り傷を負いました。 きのうは事件後初めて、園で保護者説明会が開かれました。 園の代理人弁護士 「(容疑者の勤務態度を)真面目と評価している職員もいた」 「最初は事件か事故か分からなかった」 笹山容疑者がクラスを受け持った今年4月以降、園児がすり傷や切り傷を負うケースが複数確認されていたということで、園は調査委員会を立ち上げ、原因究明などを進める方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。