特殊詐欺の指示役と「かけ子」役か、32歳男を再逮捕 東京の女性から21万円盗んだ疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊詐欺で手に入れたキャッシュカードで現金を引き出して盗んだとして、兵庫県警特殊詐欺特別捜査隊とサイバー捜査課は10日、窃盗の疑いで、住所不定、無職の男(32)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。同隊は「他に関与した人物の捜査に影響がある」として認否を明らかにしていない。 再逮捕容疑は、氏名不詳者らと共謀して1月23日、警察官になりすまして東京都中野区の女性=当時(84)=宅に電話をするなどし、キャッシュカード2枚と通帳を受け取り、同区の金融機関などのATMで計21万2千円を引き出し、窃取した疑い。 同隊によると、男の逮捕は6回目。今回の逮捕容疑では、指示役と被害者宅に電話をする「かけ子」役を担当していたとみられる。 同隊は1月24日、男の自宅を家宅捜索したが、その際に男は携帯電話を損壊。壊れた電話を押収して解析したところ、被害者宅に電話していたことが判明したという。 男は他の特殊詐欺事件にも関わった疑いがあり、これまでに窃盗や電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕、起訴された。同隊によると、既に逮捕された事件について、おおむね容疑を認めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。