長崎の少年ら5人決闘疑い 打倒県警のヘルメット巡り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「打倒長崎県警」と記されたヘルメットの争奪を巡りけんかをしたとして、長崎県警は10日までに、決闘の疑いで長崎市と諫早市に住む17~18歳の男5人を逮捕した。県警の記録が残る1966年以降で同容疑での摘発は初めて。2人が容疑を一部否認している。 諫早署によると、5人はそれぞれ長崎市と諫早市を拠点とする不良グループに所属。片方のグループが自分たちの活動地域で暴走行為をする相手方に不満を抱き、相手が欲しがるヘルメットを奪い合い、負けたらグループを解散させる条件で決闘を申し入れたという。 逮捕容疑は、3月6日午後6時45分ごろ、諫早市の立体駐車場で拳で殴打するなどして決闘した疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。