「全然保護しない」Xに投稿か 滋賀 保護司殺害事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市で保護司の男性が殺害された事件で、逮捕された保護観察中の男が更生保護制度への不満をXに投稿していたとみられることが分かりました。 飯塚紘平容疑者(35)は先月、レストラン経営者で保護司の新庄博志さん(60)の自宅で新庄さんの上半身を刃物で複数回刺し殺害した疑いで10日朝、送検されました。 その後の取材で飯塚容疑者のものとみられるXのアカウントに、「保護観察とか。全然保護しない」など更生保護制度への不満をうかがわせる投稿がされていたことが分かりました。 また、投稿のなかには「殺人の自由を取り戻したい」など、殺人行為への関心をほのめかす表現も見られました。 警察もこのアカウントの存在を把握していて、事件との関連を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。