男児切り付け 保育士のクラスで園児のけが相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島市の認定こども園で2歳の男の子が首を切り付けられた事件で、逮捕された保育士の女が担当するクラスでは子どものけがが相次いでいたことが分かりました。 警察によりますと、保育士の笹山なつき容疑者(21)は7日、勤務する鹿児島市の認定こども園で、2歳の男の子の首を刃物のようなもので切り付け、殺害しようとした疑いが持たれています。 事件を受けて園は9日、保護者への説明会を開き、調査委員会を設置するなどと説明しました。 園の代理人弁護士によると、笹山容疑者は今年4月から担任を任されていましたが、笹山容疑者のクラスではけがをする園児が他のクラスに比べて多かったということです。 園の代理人弁護士 「(Q.容疑者のクラスでけがが多かったことについて)調査委員会では、それが調査の一つになるでしょうね。警察も多分、調べると思います」 警察の調べに対し、笹山容疑者は殺すつもりはなかったと話しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。