殺害された保護司の男性 逮捕の男について「仕事が続かない」と周囲に相談 男は更生保護制度に不満か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市で、保護司の男性が殺害された事件で、男性が逮捕された保護観察中の男について、「仕事が続かない」と周囲に相談していたことが分かりました 飯塚紘平容疑者(35)は先月、大津市で新庄博志さん(60)を刃物で複数回刺すなどして殺害した疑いが持たれています。 飯塚容疑者は6年前の強盗事件で有罪判決を受け保護観察中で、新庄さんは保護司として立ち直りを支援していました。 更生保護団体の関係者によると、おととし、新庄さんから飯塚容疑者の仕事を紹介してほしいと頼まれ、建設会社を紹介したところ、飯塚容疑者は2カ月程度で辞めたということです。 【仕事を紹介した人】「『自分に対する評価が納得できない』(と新庄さんから聞いた)。働く側と雇う側のずれが…」 飯塚容疑者のものとみられるXには、更生保護制度への不満とも思われる投稿もあり、警察は就労トラブルについても調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。