ベトナム国籍の男ら“空き家狙い” 県内で被害50件超か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県春日市の空き家に侵入し、金品を盗もうとしたなどとして、ベトナム国籍の男ら5人が逮捕・送検されました。 県内では空き家が狙われる被害が50件以上確認されていて、警察が関連を調べています。 警察によりますと、ドー・シー・ホン・クアン容疑者(23)らベトナム国籍の男4人は4月、春日市の空き家に侵入し、金品を盗もうとした疑いがもたれています。 警察は4人の認否を明らかにしていません。 4人は技能実習生として来日していて、防犯カメラの映像などから関与が浮上しました。 また、4人を宗像市の団地の一室にかくまったとして、タイ・トゥン・ズオン容疑者(26)も逮捕されています。 容疑を否認しています。 去年12月以降、筑紫野市などを中心に空き家が狙われる被害が50件以上確認されていて、警察が関連を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。