94歳母を暴行し死なす 容疑で弁護士の男逮捕 大阪府警

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府東大阪市衣摺の住宅で5月、住人の女性(94)が顔や両手足にけがをして死亡した事件で、府警捜査1課は10日、傷害致死容疑で、女性の長男で弁護士の高田豊暢容疑者(58)を逮捕した。 容疑を認めているという。 逮捕容疑は5月12~20日ごろ、同居する母悦子さんの顔に頭突きしたり、お盆で殴ったりして死亡させた疑い。 同課によると、悦子さんは足の筋力が衰えるなどして要介護認定を受けていた。高田容疑者が介護サービスを受けるよう何度も説得し、悦子さんと口論になっていたという。同課は事件の詳しい経緯を調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。