「客同士が殴り合っている」男2人がそれぞれ暴行で逮捕 北海道・旭川中央警察署

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・旭川中央警察署は6月10日午前1時ごろ、暴行の疑いで旭川市末広に住む職業不詳の男(38)と旭川市川端町に住む無職の男(32)をそれぞれ逮捕しました。 男(38)は6月9日午後11時5分ごろ、旭川市春光1条7丁目にあるアミューズメント施設で男(32)の顔面を殴った暴行の疑いがもたれ、また、男(32)は男(38)を押し倒して馬乗りになる暴行を加えた疑いがもたれています。 6月10日午前0時すぎ、店の従業員から「客同士が殴り合っている」と110番通報がありました。 警察によりますと、2人は客で、面識があったかどうかは分かっていませんが、何らかの理由でもめごとに発展したということです。男(32)は酒を飲んでいました。 警察の調べに対し、男(38)は黙秘していて、男(32)は「押し倒して馬乗りになったと逮捕されたが、間違いありません」と容疑を認めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。