【保護司殺害】死亡したとみられる日に男性宅のカメラに容疑者の姿 滋賀・大津市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市で、保護司の男性が殺害された事件で、逮捕された男が男性が死亡したとみられる日に、男性宅を訪れる様子がインターホンのカメラに映っていたことがわかりました。 8日に逮捕された無職の飯塚紘平容疑者は、5月、大津市の住宅で、会社経営者の新庄博志さんを刃物で刺すなどして殺害した疑いがもたれています。 飯塚容疑者は、新庄さんから、保護司として更生支援を受けていて、新庄さんが殺害されたとみられる当日には、2人で面談を行う予定でした。 捜査関係者によりますと、この日の午後7時ごろ、新庄さんの自宅にあるインターホンのカメラに飯塚容疑者の姿が映っていたということです。 飯塚容疑者は容疑を否認していて、警察は、2人の間にトラブルがなかったか調べを進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。