“保護司殺害”35歳男逮捕 新庄さんの支援受けた男性涙で語る「恩返しできてない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県で保護司の新庄博志さんが殺害された事件で8日、男が逮捕されました。新庄さんの支援を受けていた男性が涙ながらに取材に応じました。 ■「恩返しできていない」復帰支援の男性涙 (保護観察中に新庄さんから支援を受けた男性)「新庄さん本当に無償の愛というか…僕らのような社会で生きにくい立場の人間に『どうにか立ち直ろう』と言って色々やってくれる人で…恩返しも全然出来ていないので、社会で立派になっている姿を見せつけていきたかったし、それを見せられないというのは悔しい…」 先月26日、滋賀県大津市で保護司の新庄博志さんが殺害された事件で8日、殺人の疑いで大津市の無職、飯塚紘平容疑者35歳が逮捕されました。 (佐々木一真アナウンサー)「殺人容疑で逮捕された飯塚容疑者は約5年前、別の事件で執行猶予判決を受けていて、殺害された新庄さんは当初から保護司として飯塚容疑者の更生支援を担当していました」 飯塚容疑者は2018年10月、大津市内のコンビニで強盗事件を起こし、翌年、懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年の有罪判決を受けていました。 ■事件当日に面談予定 浮かぶ容疑者の足取り (佐々木一真アナウンサー)「警察によりますと、新庄さんの遺体が発見される2日前の先月24日、飯塚容疑者は新庄さんの自宅で、午後7時から面談の予定だったといいます」 遺体が発見されたのは先月26日。連絡が取れず、心配した親族が駆けつけると玄関に鍵はかかっておらず、新庄さんはうつ伏せ状態で倒れていたといいます。上半身には10カ所以上、鋭利な刃物で刺されたとみられる傷があり、死因は出血性ショックでした。関係者によると、新庄さんは先月24日午後5時頃、自身が経営するレストランから出る姿が目撃されています。午後8時頃、従業員が新庄さんに電話しても繋がらない状態だったといいます。司法解剖の結果、新庄さんの死亡推定時刻は24日夜だと推定されています。そして… (佐々木一真アナウンサー)「警察によりますと、新庄さんは先月24日午後6時半頃、帰宅したといいます。一方、この日面談の予定だった飯塚容疑者は、現場となったこの家に午後7時頃到着していたことが、門扉に設置されているカメラ付きインターホンで確認されています」 新庄さんの死亡推定時刻に自宅を訪れていた飯塚容疑者…そして飯塚容疑者の家族から警察に連絡が入ります。 (飯塚紘平容疑者の母親)「息子が24日の午前中に外出してから家に戻ってきていない」 先月27日、飯塚容疑者の家族は行方不明届を提出。すると翌28日夜。大津市内の路上を歩く飯塚容疑者を発見、所持品を調べたところナイフを一本持っていたことから警察は銃刀法違反の疑いで逮捕しました。 (近所の住民)「付き合いとしては全然誰も付き合っていないと思う。まったく動きのある家じゃない」 ■「なんであんないい人を…」涙の訴え 保護司とは、罪を犯した人の立ち直りを支える非常勤の国家公務員です。月2、3回面談を行い、生活環境などについて確認します。国家公務員とはいいつつも、報酬はなく、民間のボランティアです。新庄さんは大津市内でレストラン経営をする傍ら18年間、保護司として活動していました。 その人柄を表すある出来事が…こちらの経営者は新庄さんが担当していた保護観察の対象者を、間を空けて2回雇ったといいます。 (対象者を2回雇った経営者)「雇用している間に違う事件を起こして逮捕されたというところですね。長いこと(刑務所に)入ってて、去年8月に満期になって出てきたんですけど、それが今またうちで仕事している」 この時も新庄さんは対象者を見捨てず、立ち直れるよう親身になっていたといいます。その男性が取材に応じてくれました。出所後、今年2月までの保護観察期間中、新庄さんの支援を受けていたといいます。 (保護観察中に新庄さんから支援を受けた男性)「本来、保護司って社会復帰してからお世話をするので、別に刑務所行ってる間は来なくていいんですけど、来ていただいたりとか。この服も新庄さんからいただいた服で、僕私服がちょっとひどくて、新庄さんが『1着ジャケットを持っといたら着るやろ』と、『よそ行きのやつをあげるわ』って言われて」 保護司の新庄さんと出会い約10年。亡くなったことが未だに信じられないといいます。 (保護観察中に新庄さんから支援を受けた男性)「亡くなったこと自体が今でもまだまだショックで、僕も規制線解除されてから、気持ちで花束置いて手を合わせに行きましたけど、全然それでも心癒えなくて、どうしたら癒えるんかなって思うんですけど、犯人がめちゃくちゃ憎くて、なんであんないい人を殺したんやろなって」 そして、事件との関連は分かっていませんが新庄さんからある相談を持ち掛けられていたといいます。 (保護観察中に新庄さんから支援を受けた男性)「(保護観察中)僕以外にも担当の子がいて、『ひとりとっつきにくい子がいるんやわ』、『ちょっと根暗な子で、話しても全然リターンがなくて、わからへん子なんやわ」みたいな。僕に相談するってよっぽどだなって。新庄さん苦労されてるというか悩んでいたのかなと」 大津保護観察所は新庄さんと飯塚容疑者との間にこれまでトラブルは確認できていないといいます。警察の調べに対し、飯塚容疑者は「私はやっていませんし何も答えたくありません」と容疑を否認。警察は飯塚容疑者の詳しい犯行動機についても調べを進めています。 6月9日『サンデーステーション』より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。