保護司殺害「両者にトラブルなし」管轄の保護観察所が見解 死亡当日も面談予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀・大津市で、無職の男が保護司の男性を殺害した疑いで逮捕された事件で、大津保護観察所が2人の間でトラブルは把握していなかったことが分かりました。 警察によると、無職の飯塚紘平容疑者(35)は5月、大津市の新庄博志さん(60)の自宅で、新庄さんを刃物で複数回刺すなどして殺害した疑いが持たれていて、調べに対し容疑を否認しています。 飯塚容疑者は、6年前の強盗事件で有罪判決を受け保護観察中で、担当保護司だった新庄さんは、殺害されたとみられる5月24日も面談を予定していたということです。 管轄する大津保護観察所によると、新庄さんは2019年から飯塚容疑者の担当で、「2人の間にトラブルはなく、関係性に問題はなかったと認識している」ということです。 新庄さんと同じ地区で活動する保護司は、「本当に恐ろしい事件だなと驚いてしまいました。相手(保護観察中の人)がどんなことを考えているか分かりませんよね。保護司に(支援を)任せきりはとても無理だと思う」と話しました。 大津保護観察所は、保護司にトラブルがないか聞き取りを行う予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。