【ラーメン店主射殺事件】実行役とみられる暴力団幹部は車を乗り換えながら逃走…他の4人は逃走を手助けか 神戸・長田区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸市のラーメン店で店主の暴力団組長を射殺したとして別の暴力団の幹部ら5人が逮捕された事件で、実行役とみられる男が車を乗り換えながら逃走していたことがわかりました。 組織犯罪処罰法違反の疑いで送検されたのは、指定暴力団「絆會」幹部・金成行容疑者(55)、「絆會」二代目志闘会会長・前田貴光容疑者(53)ら5人です。 5人は共謀して去年4月、神戸市長田区のラーメン店で、店主で六代目山口組系傘下組織の余嶋学組長(当時57)を拳銃で殺害した疑いが持たれています。 捜査関係者によりますと、実行役とみられる金容疑者は現場から車を乗り換えながら逃走していて、他の4人はこの逃走の手助けをしていたとみられています。 警察は山口組の分裂をめぐる抗争事件の可能性もあるとみて捜査しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。