「アンチヒーロー」裏切り者判明 最終回直前ラスト展開にネット衝撃「やっぱり…」「ノーマークだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モデルプレス=2024/06/09】俳優の長谷川博己が主演を務めるTBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜よる9時~)の第9話が、9日に放送された。ラストシーンの展開に反響が寄せられている。<※ネタバレあり> ◆長谷川博己主演「アンチヒーロー」 本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士・明墨正樹(長谷川)が視聴者に「正義とは果たして何なのか?」「世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?」を問いかける、前代未聞の逆転パラドックスエンターテイメント。 第8話では、12年前の事件・糸井一家殺人事件における、志水裕策(緒形直人)の無実を証明する唯一の証拠である動画が検事正の伊達原(野村萬斎)によって消されてしまい、明墨らはピンチに陥った。 ◆「アンチヒーロー」ラスト2分の展開に反響 独自の視点で12年前の事件を洗い直す弁護士・赤峰(北村)と紫ノ宮(堀田)。しかし、放送ラスト2分、証拠隠滅罪で明墨が逮捕されてしまった。その直後、伊達原の事務所の画に切り替わり、この一報を聞いた伊達原が「かわいそうだねえ」と顔をほころばせると「そうですか?当然の報いだと思いますけど」と放つパラリーガル・白木凛(大島優子)の姿が。さらに、羽木精工の元社員・緋山(岩田剛典)緋山の社長殺害事件の証拠となる返り血の付いた作業着も映し出され、白木が持ち出したことがうかがえた。 第8話では、弁護士の紫ノ宮(堀田真由)から同事務所を選んだ理由を聞かれ「きっともう(明墨)先生も忘れてるんじゃない?」と意味深な言葉を残すなど、度々白木の怪しい様子がネット上で話題に。 今回の放送を受け、視聴者からは「やっぱり白木さん裏切り者だったのか…」「嘘だと言って」「やっぱり怪しいと思ってたら…」「明墨と過去に何があったの!?」「違和感はありつつも、これまでノーマークだった」「最終回が気になる」「裏切りと思わせての逆転展開を期待してます」など反響が寄せられている。(modelpress編集部) 情報:TBS 【Not Sponsored 記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。