保護司殺害事件 自宅インターホンに保護観察中の容疑者の姿 滋賀・大津市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県大津市の住宅で保護司の男性が殺害された事件で、男性の死亡推定日に自宅のカメラ付きインターホンに逮捕された保護観察中の男の姿が写っていたことがわかりました。 大津市の無職・飯塚紘平容疑者(35)は先月、近くに住むレストラン経営者で保護司の新庄博志さん(60)を新庄さんの自宅で刃物で刺すなどして殺害した疑いで逮捕されました。 警察によりますと、死亡推定日とされる先月24日の午後7時ごろ、新庄さんの家を訪ねる飯塚容疑者の姿がインターホンのカメラに録画されていたことがわかりました。 別の強盗事件で有罪判決を受け、保護観察中の飯塚容疑者は新庄さんに立ち直りの支援を受けていて、24日も面談予定でした。 飯塚容疑者は調べに対し「私はやっていません」と容疑を否認しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。