「不祥事の静観を指揮」と文書で書かれた鹿児島県警の前刑事部長が否定コメント「不祥事のことは全く知らなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島県警の情報漏えい事件の続報です。逮捕された元幹部が漏らしたとされる文書に「不祥事の静観を指揮した」と書かれた前の刑事部長が、関与を否定していることが分かりました。 この事件は、鹿児島県警の前の生活安全部長だった本田尚志容疑者(60)が、現職当時に入手した情報を漏えいしたとして逮捕・送検されたものです。 調査報道サイトの記者に郵送したとされる文書には、不祥事について「前の刑事部長が静観しろと指揮した」と書かれていたことが、関係者への取材で分かっています。 この文書について、前の刑事部長は「在任中、不祥事のことは全く知らなかった」「静観しろと指示したことはなく、本部長からも指示を受けたことはない」と否定するコメントを発表しました。 県警はこのコメントについて、「正しい内容と判断している」としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。