認定こども園で殺人未遂事件 保護者説明会開催 鹿児島市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島市の認定こども園で男の子の首を切りつけたとして21歳の保育士の女が逮捕・送検された事件で、園では現在、保護者説明会が開かれています。 事件現場となった園では9日午後4時から保護者説明会が始まりました。 この事件は7日午前11時ごろ、鹿児島市の認定こども園で保育士の笹山なつき容疑者が2歳の男の子の首を刃物のようなもので切りつけたとして、殺人未遂の疑いで逮捕・送検されたものです。 関係者によりますと、事件は施設の玄関付近で起きたとみられ、救急隊が駆けつけたときには男の子はあおむけに寝かされ止血されていたということです。 そのとき周りには職員や子どもなど複数の人がいて、男の子は病院に運ばれましたが、首に全治およそ1カ月の重傷です。 笹山容疑者は警察に調べに「殺すつもりはありませんでした」と容疑を一部否認しているということです。説明会は現在も続いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。