民家で生後間もない女児の遺体、行方不明だった母親を死体遺棄容疑で逮捕 千葉・市川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県市川市の民家で8日、生後まもない女児の遺体が見つかった事件で、県警市川署は9日、死体遺棄の疑いで、母親の女(22)を逮捕した。 逮捕容疑は同県市川市曽谷の民家で、生まれたばかりの女児の遺体を放置し、遺棄したとしている。 遺体は8日午前、女の自室のクローゼットに、キャリーケースにタオルでくるまれた状態で見つかった。 女はこの数日間は連絡が取れておらず、県警が何らかの事情を知っているとみて行方を追っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。