【ネタバレ】「アンチヒーロー」まさかの裏切り者が判明 最終回直前で衝撃展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系・毎週日曜よる9時~)の第9話が9日に放送され、エンディングで登場したまさかの裏切り者の正体に、SNS上で衝撃の声があがっている。(以下、第9話のネタバレを含みます) 「アンチヒーロー」は、殺人犯をも無罪にしてしまう“アンチ”な弁護士・明墨正樹(長谷川博己)の姿を通して、視聴者に「正義の反対は、本当に悪なのだろうか……?」を問いかける逆転パラドックスエンターテインメント。第9話では、志水裕策(緒形直人)の冤罪を証明する証拠動画を失った明墨たちが、12年前に起きた糸井一家殺人事件を洗い直すさまが描かれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。