「ガールズバーでテキーラや焼酎を14杯ほど飲んだ」東京・北区 男性ひき逃げ死亡事件で逮捕の男(40)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・北区できのう、59歳の男性が車にひき逃げされ死亡した事件で、逮捕された40歳の男が「事件前にテキーラや焼酎を14杯ほど飲んだ」と話していたことがわかりました。 ひき逃げと酒気帯び運転などの疑いで、きょう送検された今井英二容疑者(40)はきのう未明、北区で酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転し、近くに住む染谷賢治さん(59)をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑いがもたれています。 その後の警視庁への取材で、今井容疑者が逮捕前の任意の取り調べに、「事件前日の午後7時ごろから翌日の午前0時前まで、ガールズバーでテキーラをショットで7、8杯、焼酎を5、6杯飲んだ」と話していたことが新たにわかりました。 また、現場近くの防犯カメラには今井容疑者が運転する車が猛スピードで走る様子が写っていたということです。 今井容疑者は事件直後に知人に電話をかけ、ひき逃げについて話したところ、出頭を促されたため、事件のおよそ1時間後に現場に戻り、その場にいた捜査員に「この事故は私がやりました。酒を飲んでいて、気が動転して逃げてしまった」と話し、出頭しました。 今井容疑者の呼気からは基準値を超える0.52ミリグラムのアルコールが検出されていて、警視庁は今井容疑者が飲酒運転の発覚を防ごうとして現場から逃走したとみて調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。