こども園で男児切りつけ…保育士の女送検 保護者説明会で不安の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島市の認定こども園で、男の子の首を切りつけ殺害しようとしたとして、保育士の女が逮捕・送検されました。園では保護者説明会が開かれました。 殺人未遂の疑いで逮捕・送検されたのは、南九州市の保育士・笹山なつき容疑者(21)です。 警察と関係者によりますと、笹山容疑者は7日、勤め先の鹿児島市にある認定こども園で、2歳の男の子の首を鋭利な刃物のようなもので切りつけ、殺害しようとした疑いがもたれています。男の子は首に全治1か月の切り傷を負いました。 園では保護者説明会が開かれ、不安そうな表情で足早に会場へ入る保護者の姿が見られました。園は事件の経緯などを説明したものとみられます。 笹山容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということで、警察は詳しい経緯や動機などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。