ベトナム国籍の男性 不法残留容疑で逮捕後釈放 特例で在留延長が判明【熊本】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、山鹿市に住むベトナム国籍の6人が不法残留の疑いで逮捕された事件をめぐり、このうちの1人について在留期間が延長されていたことが逮捕後に判明、警察が釈放していたことが分かりました。 この事件は6月4日、山鹿市に住むベトナム国籍の6人が不法残留の現行犯で逮捕されたものです。 警察は、福岡出入国在留管理局に在留期間を照会したうえで、6人を逮捕していましたが、逮捕の翌日、6人のうち男性1人について管理局から「能登半島地震の特例措置で、在留期間が延長されていたため、不法残留にはあたらない」と訂正の連絡があったということです。 これを受け、警察は男性に事実を説明したうえで逮捕からおよそ26時間後に釈放しました。 男性は去年6月、技能実習生として入国し新潟県内で働いていましたが、その後、行方が分からなくなっていました。 管理局によりますと、能登半島地震の特例措置で新潟を含む被災した4県に居住地があった外国籍の人については在留期間が6月末まで延長されていました。 福岡出入国在留管理局は「関係職員の間での確認が不十分で反省している」とコメント。 一方、警察は「適正な手続きのもと、捜査し逮捕に至ったもので誤認逮捕ではない」としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。