詐欺に使う目的でキャッシュカード受領か 34歳女逮捕 匿名・流動型犯罪グループとの関わりも視野に捜査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富山市の大学生などから、特殊詐欺に使う目的でキャッシュカードを受け取った疑いで埼玉県の女が逮捕されました。 警察は、暴力団や匿名・流動型犯罪グループとの関わりも視野に調べを進めています。 犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県さいたま市の無職、齋田依里容疑者(34)です。 齋田容疑者は、去年12月、詐欺グループの一員で逮捕された富山市の男子大学生からキャッシュカード5枚を。 今年3月には、別の人物からもキャッシュカードをレターパックで受け取った疑いが持たれています。 大学生の捜査で齋田容疑者が浮上、調べに対し容疑を否認しているということです。 キャッシュカードは、組織的な還付金詐欺などに使われたとみられ、警察は暴力団や匿名・流動型犯罪グループ、通称「トクリュウ」との関わりも視野に捜査しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。