駐車違反繰り返し…77歳の女逮捕 車の”使用制限”期間中に運転か 警視庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車違反を繰り返し、車の使用が禁止されていたにもかかわらず車を運転したとして77歳の女が逮捕されました。 警視庁によりますと、東京・練馬区に住む無職の77歳の女は4月1日、自身が所有している車の使用を禁止されていたにもかかわらず車を運転した道路交通法違反の疑いで逮捕されました。 女が所有する車は2022年5月から放置駐車違反が繰り返し確認されていましたが、警察への出頭がなく所有者である女には違反金の納付命令が13回出されたということです。 女は駐車場代を支払う金がなかったため契約していない月決め駐車場や路上への駐車を繰り返していたとみられ、通報が相次いでいました。 相次ぐ放置駐車違反の結果、女は、昨年10月9日から今年9月12日までの計340日の間、車の使用が禁止されたということです。 それにもかかわらず、女は使用制限命令が出されている間にも、駐車場所を変えるため車を運転し移動していたとみられています。 女は警視庁の調べに対し「私が車を運転していたことに間違いない」と容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。