女児にわいせつ行為し撮影、容疑の男「性的欲求満たすため」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本県警熊本南署は3日、熊本市、会社員の男(51)を不同意わいせつ、性的姿態撮影処罰法違反(撮影)、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕した。発表では、3月10日午後3時頃、県内の住宅のトイレで、未就学の女児にわいせつな行為をし、下半身をスマートフォンで撮影し、画像を保存した疑い。「性的欲求を満たすために撮影した」と容疑を認めているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。