目指せ!全国警察官のトップ 逮捕術や剣道などの技を磨く強化指定選手の指名式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島県警は、白バイや逮捕術などの大会に出場する84人の警察官を強化指定選手に選びました。 広島県警の強化指定選手に選ばれたのは、機動隊や交通機動隊などに所属する警察官、あわせて84人です。拳銃や逮捕術、剣道など5つの種目が対象です。強化選手を指名し訓練を重ねることで、将来の指導者の育成と、警察官の技能向上を図る狙いがあります。強化指定選手のなかには、去年、「全日本剣道選手権」で優勝を果たした棗田龍介さんもいます。 棗田龍介さん「模範となるように、日々訓練をしていかなければならないと思います。現場でしっかり活躍できるように頑張りたいです」 強化指定選手は、10月から11月に行われる、全国の警察官が集う大会に向けて日々の業務と両立して訓練を重ねていくということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。