ゲームソフトなど転売、数千万円の収益か 詐欺容疑でベトナム人再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他人名義のスマートフォン用決済アプリを使って加熱式電子たばこをだまし取ったとして、埼玉県警組織犯罪総合対策本部と東入間署の合同捜査班は4日、詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益仮装)の疑いで、ベトナム国籍で埼玉県川越市熊野町の会社員、ザップ・ゴック・チェン容疑者(24)を再逮捕した。黙秘しているという。 合同捜査班はザップ容疑者の関係先を捜索し、加熱式電子たばこのほか百数十台の携帯電話や百数十本のゲームソフトなどを押収した。ザップ容疑者は詐取したゲームソフトなどを転売し、数千万円の収益を得ていたとみて、共犯者など背後関係を調べている。 再逮捕容疑は2月1日午前0時15分ごろ、ふじみ野市内のコンビニエンスストアで、他人名義のスマホ3台を使って電子決済で加熱式電子たばこ3台など(計約1万5千円)を詐取するなどしたとしている。 ザップ容疑者は犯行後間もなく、ふじみ野市内を車で走行中にパトカーで警戒中の警察官に職務質問をされそうになり、そのまま走って逃走。他人方の敷地に侵入し、住居侵入容疑で現行犯逮捕されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。