レンタル装い勤務先の重機盗む 30歳の元従業員を逮捕 売却して発覚 北海道帯広市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・帯広警察署は4日、窃盗の疑いで帯広市の無職の男(30)を逮捕しました。 男は去年9月、帯広市にある重機のレンタル会社から、自動車運搬業者に依頼して、クレーン機能付き油圧ショベル1台(時価396万円相当)を搬出させ盗んだ疑いが持たれています。 事件当時、男はこの会社で従業員として働いていて、重機をレンタルしたように書類を作成し盗んだということです。 男はことし3月にも、同様の事件ですでに逮捕されていて、警察は余罪を捜査する中で今回盗まれた重機が売却されていることがわかり、事件が発覚しました。 警察の調べに対し、男は「遊ぶ金のためだった」と容疑を認めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。