民家1棟全焼の火事 住人の男(46)を放火容疑で逮捕 家族は全員逃げ出し無事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日愛媛県四国中央市で発生した住宅1棟が全焼した火事で、警察はこの家に住む46歳の男を放火の疑いで逮捕しました。 現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、四国中央市土居町天満の作業員、徳本和則容疑者46歳です。 調べによりますと、徳本容疑者は4日午前9時半ごろ、自宅に火を放ち木造平屋建ての住宅およそ90平方メートルを全焼させた疑いが持たれています。 徳本容疑者は4人家族で、出火当時全員家にいましたが逃げ出してけがはありませんでした。 警察は、現場の状況などから放火の疑いで捜査し、午後7時半頃徳本容疑者を逮捕しました。 調べに対して徳本容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察が動機などを詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。