「日本語わからない」ブルキナファソ人の男 大晦日に財布奪い切りつけか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の大みそかに東京・福生市の路上で男性から財布を奪ったうえ、刃物のようなもので切り付けてけがをさせたとして、ブルキナファソ人の男が逮捕されました。 ウエドラオゴ・ミケイラ容疑者(21)は、去年12月31日の午前2時すぎ、福生市の路上で男性(46)から現金およそ6500円が入った財布を奪ったうえ、刃物のようなもので切り付けてけがをさせた疑いが持たれています。 警視庁によりますと、ウエドラオゴ容疑者は、男性のズボンのポケットから財布を奪った際に声を掛けられたため、「日本語が分からない」などと言って逃げようとし、その際に左手首を切り付けたということです。 男性を振り切り逃走しましたが、防犯カメラの映像などから関与が分かりました。 取り調べに対し「その日は家にいた」と容疑を否認しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。