「ハイボールと焼酎のソーダ割りを2杯ずつ飲んだ」飲酒運転容疑で自称大学生の男逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県宗像市で酒を飲んで車を運転したとして自称大学生の男が逮捕されました。 4日午前4時すぎ、福岡県宗像市土穴で、コンビニエンスストアの駐車場に停まっていた乗用車がパトロール中の警察官を見て無灯火で逃走しました。パトカーの追跡を受け、100メートル先で停まった車の運転手のの呼気を警察官が調べたところ基準値のおよそ4倍のアルコールが検出されたためその場で現行犯逮捕しました。酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、近くにすむ自称大学生・濱田隼之介容疑者(24)で、警察の取り調べに対して「前の日の午後11時から直前まで自宅と店でハイボールと焼酎のソーダ割りをそれぞれ2杯ずつ飲んだ」と容疑を認めているということです。 車の助手席には、年齢の近い男性が一緒に乗っていたということで警察が調べを進めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。