高松市議(土地改良区理事長)ら2人を送検 土木会社に便宜を図り賄賂を受け取った疑い【香川】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松市にある土地改良区が発注した工事をめぐって、土木会社に便宜を図る見返りに現金を受け取った疑いで、きのう(3日)逮捕された高松市議会議員が高松地検に身柄を送られました。 送検されたのは、舟岡池土地改良区の理事長で高松市香川町の高松市議会議員、小比賀勝博容疑者(73)です。 小比賀容疑者は、土地改良区が3年前に発注した3件の工事の指名競争入札で便宜を図った見返りに、おととし4月上旬、現金53万円を受け取った土地改良法違反の疑いできのう(3日)逮捕されました。 また、現金を渡したとして逮捕された土木会社「宮西土建」の社長、宮西正治容疑者(60)も高松地検に身柄を送られています。 高松市議に当選6回、議長も努めた小比賀容疑者ですが、所属会派「自民党議員会」と自民党香川県連は、きょう(4日)除名処分としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。