自称大学生の男が”飲酒運転”パトカー見て逃げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日朝早く、宗像市で酒を飲んで車を運転したとして自称・大学生の男が現行犯逮捕されました。 警察によりますと、4日午前4時すぎ、宗像市赤間駅前のコンビニエンスストアの駐車場で、普通乗用車に乗ったままでいる男性2人をパトカーで警ら中の警察官が発見しました。 職務質問をしようとパトカーで近づいたところ、車は無灯火で走り出し、約100mほど逃げたところで停止しました。 運転していた男を調べると、吐いた息から基準値の4倍を超えるアルコールが検出され、警察は自称・大学生の濱田隼之介容疑者(24)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。 助手席にいた友人男性と一緒にハイボールやビールを飲んでいたなどと話し、容疑を認めています。 警察は助手席にいた友人男性についても、同乗容疑で任意で調べる方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。