地下鉄の駅で男性を切りつけた疑いで男(83)を逮捕 ホームのコンビニで万引きした後に追いかけられたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋の地下鉄の駅で4月4日朝、会社員の男性(53)が男(83)にカッターナイフで切りつけられ、手に軽いけがをしました。 男は傷害の疑いで現行犯逮捕されました。 逮捕されたのは名古屋市中区の無職、明壁輝彦(あすかべ てるひこ)容疑者(83)です。 警察の調べによりますと、明壁容疑者は4日午前7時半頃、地下鉄桜通線の丸の内駅ホームでカッターナイフを振り回し、会社員の男性(53)に切りつけてけがをさせた傷害の疑いがもたれています。 男性は左手に軽いけがをしました。 警察の調べに対して明壁容疑者は「故意に相手を傷つけたわけではありません」と、容疑を一部否認しています。 明壁容疑者は駅のホームのコンビニエンスストアで万引きをしたとみられ、被害者の男性や駅員が追いかけたところ、カッターナイフを振り回したということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。