【夜間に「窓ガラス」割られ窃盗被害・宮城県内で多発】栗原市の店舗の窓ガラス破り侵入 現金50万円など盗んだ疑い 建設作業員の男(31)逮捕(宮城県警)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城・栗原市の店舗に窓ガラスを破って侵入し、現金およそ50万円などを盗んだとして、宮城・大崎市の男が逮捕された。 宮城県内では、同様の手口による窃盗事件が多発していて、警察は余罪があるとみて捜査を進めている。 建造物侵入・窃盗の疑いで逮捕されたのは、大崎市鹿島台木間塚の建設作業員 武田雄輔容疑者(31)。 武田容疑者は、2021年10月夜 栗原市の自動車販売店の窓ガラスを割った後、施錠を解除して店に侵入。 店から、現金およそ50万円やナンバープレート4枚などを盗んだ疑いがもたれている。 武田容疑者は、警察の調べに対し「生活費に充てるためにこのようなことをした」という趣旨の供述をしていて、容疑を認めている。 宮城県内では、2019年から今年3月までに県北を中心に夜間に店の「窓ガラス」を割られる窃盗の被害が多発していて、警察が捜査を進めていた。 警察は、武田容疑者に余罪があるとみて、さらに捜査を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。