“飲酒運転”で自称大学生の男を逮捕 「ハイボールと焼酎のソーダ割りを2杯ずつ飲んだ」 福岡・宗像市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日未明、福岡県宗像市で自称・大学生の24歳の男が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。 宗像警察署によりますと、4日午前4時ごろ、宗像市土穴にあるコンビニエンスストアの駐車場から無灯火で逃げるように走り去った普通乗用車を、パトロール中の警察官が不審に思い、追跡して職務質問しました。 警察官が、運転していた男の呼気を調べたところ、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。 逮捕されたのは、近くに住む自称・大学生の濱田隼之介容疑者(24)で、「夜11時から直前まで、家と店でハイボールと焼酎のソーダ割りを2杯ずつ飲んだ」などと容疑を認めているということです。 助手席には友人とみられる20代の男性も同乗していて、警察が飲酒運転の経緯を詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。