中国ゲーム配信大手「闘魚」、23年は純利益30億円超 売上高は3年連続減少

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のゲーム動画配信大手「闘魚(Douyu)」が3月26日に発表した2023年12月期決算は、粗利益が6億8400万元(約140億円)、調整後の純利益が1億5400万元(約30億円)となり、黒字転換を果たした。ゲーム配信を軸にコンテンツの多様化を図ったことが奏功した。 売上高は前の期比約22.2%減の55億3000万元(約1160億円)と3期連続の減収となった。主力のライブ配信事業の売上高が全体の8割を占めたが、広告およびその他事業が伸び、全体に占める割合が前の期の4.4%から13.2%に拡大した。 10~12月期の売上高は12億9600万元(約270億円)、うちライブ配信事業は10億2100万元(約210億円)だった。広告およびその他事業は2億7500万元(約60億円)で、前年同期比226.5%増と大きく伸びた。粗利益は1億2600万元(約26億円)、調整後の純損失は500万元(約1億円)となった。モバイル端末経由の平均MAU(月間アクティブユーザー数)は、前期と横ばいの5170万人だった。 闘魚は、23年11月に陳少傑・最高経営責任者(CEO)が賭博場開設容疑で逮捕されたことが明らかになった。これに伴って複数の人気配信者も配信停止または処罰の対象となった。 *2024年4月2日のレート(1元=約21円)で計算しています。 (36Kr Japan編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。