海外での売春あっせん容疑、4人逮捕 「3年で200~300人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性に米国での売春の仕事を紹介したとして、警視庁保安課は4日、国内のあっせんブローカーら男性4人を職業安定法違反(有害業務の紹介など)の疑いで逮捕したと発表した。警視庁によると、男性らはインターネットのサイトやスカウトを通じて求人していたとみられ、「3年間で200~300人の女性を米国やオーストラリア、カナダで売春するようあっせんしていた」と供述しているという。 逮捕されたのはいずれも会社役員で、東京都品川区の臼井良夫(53)、大阪府枚方市の今村亮介(37)ら4容疑者。臼井容疑者は女性を男性に紹介する「交際クラブ」の社長で、今村容疑者は「海外出稼ぎシャルム」と称した求人サイトを作成していたとみられる。 逮捕容疑は2023年3~4月、求人サイトなどを見た20代と30代の女性2人に、米国での売春を紹介したなどとしている。臼井容疑者ら3人は容疑を認め、今村容疑者は「ホームページで募集していたのは売春とは思っていなかった」と一部否認しているという。【加藤昌平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。