高級ブランド「間人ガニ」と産地偽装し販売か 京都・京丹後市の水産会社役員ら2人逮捕 「10年ほど前からやっていた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府京丹後市の高級ブランドガニ「間人ガニ」と偽って、別のカニを販売したとして、水産会社役員の男ら2人が逮捕されました(不正競争防止法違反と商標法違反の疑い)。 京都府京丹後市の「まるなか水産」役員の中井満容疑者(42)と、元従業員の山﨑一成容疑者(52)は去年2月、高級ブランドガニ「間人ガニ」と偽り、別の港で水揚げされたカニを販売した疑いなどがもたれています。 間人ガニは漁獲量が少ないことから「幻のカニ」とも呼ばれ、大きさや色つやなど約50の基準をクリアすると、緑色のタグがつけられます。 会社からは未使用とみられるタグが多数見つかっていて、警察は産地を偽装する目的で所持していたとみて、入手ルートを調べています。 2人は調べに対し容疑を認めていて、中井容疑者は「利益をあげるために10年ほど前からやっていた」と話しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。