北広島町の県道で高齢男性が軽自動車にはねられ死亡 容疑者の20代女を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日朝、北広島町の県道で80代の男性が車にはねられ死亡し、警察は車を運転していた28歳の女を逮捕しました。 事故があったのは、山県郡北広島町の県道69号です。警察などによると午前7時半すぎ、県道を北に向かって走っていた軽四乗用車が、道路を横断していた溝口逸美さん(84)をはねました。溝口さんは病院に搬送されましたが、約2時間半後に死亡しました。警察は車を運転していた橋本愛永容疑者(28)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。 現場は信号機や横断歩道がない直線道路で、警察が事故の原因を調べています。 (2024年4月4日放送)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。