「警察に捕まりたかった…金はないけど良い物が食べたかった」焼き肉店で約2400円分の食事の提供を受けるも代金支払い拒否―64歳の男を詐欺の現行犯で逮捕 北海道帯広市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道帯広市の焼き肉店で支払う意思と能力がないにも関わらず食事の提供を受け、代金を踏み倒そうとした帯広市の無職(住所と職業は自称)の男(64)が詐欺の現行犯で逮捕されました。 男は4月3日午後5時10分ごろから30分間にわたり、帯広市大通南12条の焼き肉店で、約2400円分の食事の提供を受けましたが、代金の支払いを拒否しました。 従業員の通報を受けて駆け付けた警察官が話を聞いたところ、男は代金に見合う所持金がなく、当初から支払いの意思がなかったことが分かり、詐欺の現行犯で逮捕しました。 調べに対し男は「警察に捕まりたかった。金はないけど良い物を食べたかった」と話しています。 警察が男から詳しい事情を聴いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。